So-net無料ブログ作成

軟口蓋過長症 [病院&病気]

また今年も呼吸がおかしくなりました・・・
 ・ずっと鼻をペロペロしている
 ・呼吸がグーグーと聞こえる
 ・苦しくて一箇所に留まれず、絶えず移動している
 ・おやじ痰を吐く&する(か~ぺっっ)
 ・酷いと一晩中寝られず苦しむ

昨年も同じような症状が出て、入院までしたのに、病院では症状がでず原因わからず。
今年は一晩苦しんで、症状が治まった後病院へ。
治ってからだとわからない・・・と言われる。
まぁ。あたりまえか・・・(苦笑)

3日後、朝に症状が出たので、病院へ。
軟口蓋過長症
の疑いあり。
なんで疑いかというと、ほんとうに軟口蓋過長症かどうか調べるには、全身麻酔をして検査をしなけれなならないので、今すぐ命に別状があるわけでもないし(比較的症状が軽いため)
リスクを負って、そこまでする必要はないですよ。
と病院の先生に言われたから。

で、決定的な一言。
「この病気は肥満に現れるので、まず痩せましょう」

凝りもせず、何度目かわからないじろのダイエット生活が幕を開けたのでした(涙)


ま、ダイエットは置いといて。
何度も繰り返し症状がでることは好ましくないので薬を処方される。
 ・バイトリル(抗生剤) 1錠
 ・プレドニゾロン(ステロイド) 1.5錠

「様子をみながら、症状が治まるようであれば、徐々に薬を減らす方向で」ということでした。

現在は 
 ・バイトリル(抗生剤) 1錠
 ・プレドニゾロン(ステロイド) 0.5錠

「ステロイドは1日置きに飲ませ、抗生剤は全部飲みきったら終わり」となっています。
今のところ、怪しい時もあるのですが、一晩中苦しんだり・・・ということがなくなり、
落ち着いている・・・のかな??


薬は、キャンディチーズ
110220_01.jpg


の中に押し込んで(笑)あげてるんですが、
たま~にちょうど薬が入ってるところを噛んでしまうとエライことに・・・(涙)
110220_02.jpg

あわあわ(笑)
いや、笑い事じゃないことはわかってるんだけどね~。
笑いながら、撫でてあげて、なるべく泡まで飲み込むようにさせます。
・・・オニじゃないよ~(笑) お薬だから飲まなきゃいけないからねっ!!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。