So-net無料ブログ作成

癌① [その他]

昨年の11月20日
私の父が亡くなりました。
スキルス胃がんでした。

10月下旬に一緒にハワイへ行き、もうその時から具合が悪かったんですが、
帰国後、11月1日に入院。
検査などをして癌がわかり、余命宣告を受け、在宅での介護をするため11月19日に退院、
次の日の昼でした。

110210.jpg


じろは、可愛がってくれた父が亡くなったのをわかったみたいでした。
亡くなった日に会わせてあげたんですが、初めてみるものすべて怖いチキンなのに、一切吠えず、
それどころか近寄って行きたがりました。
お通夜の日に1泊だけじろを預けたのですが、精神的に不安だったらしく、家から持たせたベットに何回か
おしっこをしてました。
でも、ごはんだけはしっかりと食べたそうです(苦笑)

「続きを読む」に闘病?を載せました。
興味があれば読んで見てください。

【傷病】
 胃がん
 癌性腹膜炎
 脊椎転移の疑い

【症状】
 腹水穿刺でclass5
 胃がんのStafe4
 腹部より、腰部の疼痛がひどく、横になって寝ることが出来ない状態。

【闘病??】
10月中旬より食欲不振、ハワイに行く前まではパンなどを少量口にできる状態。
ハワイへ渡航、機内でも水以外口にせず。
結婚式後の食事会で肉を舐める程度。
(あれだけ日本のものがいっぱい売ってるのに、ウィダーは売ってない・・・)
リプトンの紅茶やスポーツドリンクなども試すが、飲むと吐いてしまう。
痛みが強いのにまともな医薬品がなく、腰痛は「椎間板ヘルニア」だろうとロキソニン錠剤とロキソニンテープの処方のみ。
ハワイの病院へ行き、血液や尿の検査後、点滴などの処置を受ける。
詳しい検査のため転院をすすめられたが、帰国が明日に控えていたため拒否。

帰国後かかりつけの病院へ。
検査で胃がんとわかる。
大きな病院を紹介してもらい、11月1日に検査のため入院。
最初は内科へ入院。
検査を経て外科へ移る。
11月12日頃、母が余命宣告を受ける。
「年を越せるか越せないか」

11月14日頃より点滴による治療を本人が拒否。
放射線治療をすすめられるが、拒否。
本人の拒否が強く、医者も看護士も何故拒否をするのか不明。
これ以上治療を拒否するのであれば病院を出て行ってほしいとのこと。
母が本人も希望していることだし、家に連れて帰ります。と勝手に決める。

11月18日退院前日、病院のソーシャルワーカーと話し合う。
それまでなんどか母とは話していたらしいのだが、母の言ってる事がよくわからず、「とりあえず連れて帰る」「連れて帰ればなんとかなる」の一点張り。
しかたないので、私も一緒に話を聞く。
私が話を聞くとすべて「お姉ちゃんにまかせるわ」と自分で考えることを拒否するので、今まで聞かないようにしてたのに・・・。
案の定というか。末期がんの人を在宅で看るということがわかってなかったし。
一通りソーシャルワーカーが母に説明をした後、母抜きでショーシャルワーカーと話し合う。
とにかく退院が次の日ということで何事も急いでやらなければいけない。ぐずぐずしてるヒマはありません。
介護手帳のかわりのものを役所に取りに行き、末期であること。余命、状態をつげ、一刻も早く認定員に来て欲しいことを告げる。病院からのれんらくもあり、最優先でやってくれるとのこと。
イソイソと病院へもどり、紹介されたケアマネと話し合う。
父は多少の精神症状がでているものの、トイレなどはちゃんとトイレに行ってしたいなど在宅に戻した時に介護の重点となる部分を話し合う。
訪問診療、訪問看護についてもこの時点できまっており、大病院のすごさを感じました。
普通ムリ・・・(苦笑)

母の希望としては、在宅で看ながら、ホスピスが空くのを待ち、最期はホスピスで・・・という考え。
ホスピスに入る条件として、本人に余命を告げるということがあるのですが、家族から告げられるより、担当の先生から告げてもらったほうがいいだろうということで、退院の前日に告げてもらう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。